日本語論文

1.工藤耕太郎、岡本太郎、玉置寿男、松下裕、前田宜包、三塚繁、田中行夫、駒井孝幸:救急受診した自殺企図奨励の検討  山梨医学26巻 292-293 1998

2.工藤耕太郎、杉山仁視、佐藤佳夫、神庭重信:高齢発症の精神分裂病の一例 精神科診断学9巻1号 90-91 1998

3.工藤耕太郎、碓氷章、神庭重信:脚ブロックを伴ったうつ病に対するECTの使用経験  東京精神医学会誌 16巻1号 107 1998

4.玉置寿男、塩江邦彦、岡本太郎、工藤耕太郎、篠原学、神庭重信:老年期に見られた幻覚妄想状態の診断について  精神科診断学 10巻1号 84-85

5.上村拓治、工藤耕太郎、木内一江、丹羽政信、跡部勝、根本直幸、塩江邦彦、神庭重信:精神症状を伴ったFahr病の症例  東京精神医学会誌 17巻1号 61 1999

6.神庭重信、工藤耕太郎、喬春香、有田順:ストレス性精神障害の発症機序と創薬の可能性 情動記憶と海馬 日本薬理学会誌 116巻補冊1 111-115 1999

7.工藤耕太郎、神庭重信:ストレスと神経細胞死 精神疾患に認められる海馬萎縮のメカニズムの解明  医学のあゆみ 197巻4号 281-273 2001

8.工藤耕太郎:情動不安と海馬  臨床精神医学 30巻12号 1493-1498 2001

9.井口博登、田亮介、工藤耕太郎、神庭重信:脳・行動の発達と養育環境  臨床精神医学 30巻5号 489-499 2002

10.工藤耕太郎、喬春香、神庭重信:情動ストレスと海馬神経細胞可塑性の変化 分子精神医学 2巻3号 304 2002

11.田亮介、工藤耕太郎、神庭重信:PTSDの治療学 PTSDの薬物療法 臨床精神医学増刊号111-117 2002

12.田亮介、工藤耕太郎、神庭重信:精神疾患の病態と向精神薬作用機序における神経新生の役割 分子精神医学 3巻1号 32-37 2003

13.工藤耕太郎:中枢神経と神経幹細胞 精神科 2巻3号 289-291 2003 

14. 加藤忠史、福田倫明、工藤耕太郎、中嶋義文、神庭重信、加藤進昌:Paroxetine離脱症候群を呈した5例 精神医学 45巻7号 743-747

15. 工藤耕太郎:養育時の環境と脳の発達 精神科 4巻1号 37-40 2004

16. 工藤耕太郎、Henny Wati、竹本恵子、金子奈穂子、神庭重信:MPOAと扁桃体における母子行動に必要な遺伝子発現の探索 精神薬療研究年報 36巻 53-56 2004

17. 神庭重信、金子奈穂子、工藤耕太郎:ストレス性精神障害の成因解明と予防法開発に関する研究 養育行動が仔ラットに与える長期的影響と養育行動の神経基盤 ストレス性精神障害の成因解明と予防法開発に関する研究 平成15年度 総括・分担研究報告書 27-28 2004

18. 野田隆政、塩江邦彦、工藤耕太郎、碓氷章、茂末諭理子、神庭重信:メインテナンスECTが効果的に行えた老年期うつ病の1例 精神神経学雑誌 106巻5号 682 2005

19. 橋本亮太、野口広子、志津野朋子、中林哲夫、堀弘明、馬場敦、工藤耕太郎、大森まゆ、高橋晶、津久江亮太郎、穴見公隆、平林直次、原田誠一、有馬邦正、斉藤治、功刀浩:統合失調症におけるCOMT Val/Met多型と前頭葉遂行機能の検討 精神神経学雑誌 S218 2005

20. 神庭重信、金子奈穂子、工藤耕太郎、竹本恵子、喬春香、Henny Wati、井口博登:精神疾患の分子病態解明による新しい治療・予防法の開発に関する研究 「human interferon-α投与によるラット海馬BrdU陽性細胞の減少」に関する研究(続報)  厚生労働省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集 平成16年度 (2年度班・初年度班)  126 2005

21. 武井邦夫 工藤耕太郎:てんかん発症の臨界期とてんかん原性 精神科 8巻1号 76-79 2006

22. 工藤耕太郎:漢方の効果を脳科学でみる―神経細胞可塑性の検討によるHerbal medicineの作用機序の新たな解析― 精神科 8巻3号 220-223 2006

23. 安藤俊太郎、浅利崇利、工藤耕太郎、土井永史、加藤進昌:MDMA依存の離脱症状に対し、SSRIが著効した一例 精神神経学雑誌 108巻4号 424 2006

24.    岡村毅、佐多範洋、鮫島達夫、工藤耕太郎、鎮西美栄子、土井永史、加藤進昌:パーキンソン病の患者に脳動脈瘤コイル塞栓術施行後、精神症状をきたし、ECTにて軽快した症例 精神神経学雑誌 108巻4号 425 2006

25. 金子奈穂子、工藤耕太郎、馬渕正宗、竹本恵子、藤巻康一郎、Henny Wati、井口博登、神庭重信:向精神薬の作用機序に関する新しい見解 ヒトインターフェロンアルファは成熟したラット歯状回におけるインターロイキン1産生を介して細胞増殖を抑制する 神経化学 44巻 2-3

26.竹本恵子、大山建司、工藤耕太郎、 神庭重信 インターフェロン誘発性抑うつモデルラットにおける海馬神経細胞新生に対するミルナシプランの効果: 脳と精神の医学(日本生物学的精神医学会) 20(4): 355-362, 2009.

27. 青木 崇、今井 眞,、工藤 耕太郎、山田 尚登: うつ病治療の経過中に睡眠時無呼吸症候群が判明した2症例:精神神経学雑誌(0033-2658)111巻8号 Page994(2009.08)

28. 精神科におけるDVTの現況と予防対策: バスキュラー・ラボ 8(4): 376-379, 2011.

29. 精神科医の多剤併用・大量処方を考える II 薬物の大量処方で起こりやすい有害作用―睡眠障害を中心に―:工藤耕太郎資料名:精神科治療学 巻:27 号:2 ページ:209-213

30. 井田泰嗣, 工藤耕太郎:抗精神病薬とVTE: MEDICAMENT NEWS (2108): 15-16, 2012.

31. 工藤耕太郎:急性間欠性ポルフィリン症: 精神科治療学: 34巻 増刊号 105-106 2019.

32. 工藤耕太郎:鉄欠乏とレストレスレッグズ症候群: 精神科治療学 34巻 11号

 

英語論文

1. Yamakawa K. Kudo K. Kanba S. Arita J.: Distribution of prolactin-releasing peptide-immunoreactive neurons in the rat hypothalamus. Neuroscience Letters. 267(2):113-6, 1999

2. Kudo K. C. X. QIAO. Arita J. Kanba S.: Sex differences in the phosphporylation of cyclic AMP response element-binding protein in the rat CA1 region following contextual fear and passive avoidance conditioning. Brain Res. 1024 233-43 2004

3. C. X. QIAO. Den R. Kudo K. Yamada K. Takemoto K. Kanba S.: Enhancement of contextual fear conditioning and neurogenesis by Ginseng in rats. Neuroscien Res. 51 31-8 2005

4. Kudo K. Wati H. C. X. QIAO. Arita J. Kanba S.: Age related disturbance of memory marker of plasticity and CREB phosphrylation. Brain Res. 1054 30-37 2005

5. Kunugi H. Ida I. Owashi T. Kimura M. Inoue Y. Nakagawa S. Yabana T., Urushibara1 T. Kanai R. Aihara M. Yuuki N. Otsubo T. Oshima A. Kudo K. Inoue T. Kitaichi Y. Shirakawa O. Isogawa K. Nagayama H. Kamijima K. Nanko S. Kanba S. Kanba6,12, Teruhiko Higuchi,and Mikuni M. : Assessment of the Dexamethasone/CRH Test as a State-Dependent Marker for Hypothalamic-Pituitary-Adrenal (HPA) Axis Abnormalities in Major Depressive Episode:A Multicenter Study. Neuropsychopharmacology 1-9 2005

6. Wati H, Kudo K, Qiao C, Kuroki T, Kanba S.: A decreased survival of proliferated cells in the hippocampus is associated with a decline in spatial memory in aged rats. Neurosci Lett. 171-174 2006

7. Kunugi H, Hashimoto R, Okada T, Hori H, Nakabayashi T, Baba A, Kudo K, Omori M, Takahashi S, Tsukue R, Anami K, Hirabayashi N, Kosuga A, Tatsumi M, Kamijima K, Asada T, Harada S, Arima K, Saitoh O.: Possible association between nonsynonymous polymorphisms of the anaplastic lymphoma kinase (ALK) gene and schizophrenia in a Japanese population. J Neural Transm 113: 1569–1573 2006

8. Okamura T. Kudo K. Sata N. Sameshima T Doi N. Kato N.: Electroconvulsive Therapy After Coil Embolization of Cerebral Aneurysm: A Case Report and Literature Review. Journal of ECT. 148-149 2006
9. Kaneko N. Kudo K. Mabuchi T. Takemoto K. Fujimaki K. Wati H. Iguchi, H. Tezuka H and Kanba S.: Suppression of Cell Proliferation by Interferon-Alpha through Interleukin-1 Production in Adult Rat Dentate Gyrus  Neuropsychopharmacology 2006 Dec;31(12):2619-26.

10. Sugaya Y, Maru E, Kudo K, Shibasaki T, Kato N.: Levetiracetam suppresses development of spontaneous EEG seizures and aberrant neurogenesis following kainate-induced status epilepticus. Brain Res. 2010 Sep 17;1352:187-99.

0554-62-3355