1、人権を尊重し、患者・家族に信頼される看護を目指します。

​ 2、地域との連携を進め、社会復帰の促進に努めます。

☘看護部長あいさつ 佐藤 律子

 看護部では看護部理念のもと、精神科の専門性を活かし、こころの健康について地域のみなさまと共に考え、理解を深めるとともに、外来、デイケア、訪問看護からも患者さんや御家族を支え、入院前から退院後までの継続的な支援を目指しています。院内はもちろん、地域の多職種の連携を促進し患者さんの思いに沿った支援をしていきたいと思います。また職員一人ひとりが学べる環境を整え、活き活きと働き続けられる職場づくりに努めています。笑顔と優しさを忘れずに、思いやりの心で看護を提供していきます。

 

☘看護副部長    上條 真澄

​ 三生会病院に入職して20数年がたち、入職当時は子育てを中心に勤務を調整して頂き、とても働きやすい環境の中で仕事をすることができました。初めのころは精神科看護に対し戸惑いがありましたが、今では奥の深い精神科看護のとりこになっていす。

 現在は、子育ても終わり、管理職として子育て世代をフォローする立場となり、自分の経験をもとに、できるだけ働きやすい環境を整えることを心掛けています。若い世代が増え、教育体制も整い、医師による精神医学についての研修会も定着し、ますます学びの多い日々を送っています。

☘教育担当(女子閉鎖病棟師長)  冨岡 恵

 教育部では、新人中途採用者教育プログラムに沿って病院全体で新人、中途採用者の指導、サポートを行っています。

 精神科の専門性を高めるため、定期的に院内研修を行っており、院外の研修会の参加についても支援しています。個々のキャリアアップについても共に考え支援していきたいと考えています。

                             

​各病棟の紹介
看護部理念